NOBのArduino日記!

NOBのArduino日記!

趣味は車・バイク・自転車・ラジコン・電子工作です。

はんだ付けのやり方!(その1~3)  目次

はんだ付けのやり方!(その1~3) 目次 励みになりますのでよければクリック下さい(^o^)/ ↩【NOBのArduino日記!】目次に戻る

電子回路設計ソフトfritzingの使い方(その1~5) 目次!

電子回路設計ソフトfritzingの使い方目次! 〇使用編4:電子回路設計ソフトfritzingの使い方(使用編4:fritzingFAB)(工事中) 励みになりますのでよければクリック下さい(^o^)/ ↩【NOBのArduino日記!】目次に戻る

7セグメントLEDデコーダの使い方!(TC4511BP)

BCD-to-Seven Segment Latch/Decoder/Driver(TC4511BP) ArduinoUNOを使って7セグLEDに数字を表示したいです。 Arduinoに直繋ぎでも表示は出来るのですが、電流量的にマイコンに優しくない・GPIOピンを1文字で7pinも使う・プログラムが煩雑になる・PWMpinが足…

Gamebuinoの使い方!(その1~5) 目次

Gameduinoの使い方! 目次 1)Gameduinoのサンプルゲーム Gamebuino!(2048)(1) 2)Gameduinoで自作ゲーム! Gamebuinoの使い方(ライブラリのインストール編) Gamebuinoの使い方(HEXファイル出力編) Gamebuinoの使い方(エミュレート編) Gamebuino.hライブ…

ESP32-DevKitCの使い方(インストール編)

ESP32-DevKitC 「ESP32-DevKitC」を使ってタッチ機能を使ってみたいです。 今回はArduinoIDEで使える様にボードマネージャーの追加とタッチ機能の実験をしてみました!(^^)! 1.ESP32とは ESP32シリーズは Wi-FiとBluetoothを内蔵する低コスト、低消費電力なSo…

ESP32-DevKitCの使い方 目次!

2:ESP32-DevKitCの使い方(9chタッチ編) 3:ESP32-DevKitCの使い方(導電糸×タッチ機能編) 4:ESP32-DevKitCの使い方(タッチ部絶縁層の厚さと感度編) 励みになりますのでよければクリック下さい(^o^)/ ↩【NOBのArduino日記!】目次に戻る

NOBのArduino日記! 目次

/*-------------------------------------START------------------------------------*/ /** * NOBのArduino日記! Clock. * DATA:2020.08.19 * IDE:Processing */ int cx, cy; float secondsRadius; float minutesRadius; float hoursRadius; float clockD…

CES2019(Tech East, Central Hall)

世界最大の家電ショー「CES2019!」 前回「Tech East, North Hall」の続きで「Tech East, Central Hall」編です。 1. Tech East会場MAP 写真が多いのでさらに①~⑤に分割です。 ①Tech East, Westgate ②Tech East, LVCC, North Hall ③Tech East, LVCC, Central…

CES2019(Tech East, North Hall)

世界最大の家電ショー「CES2019!」 前回「Tech East, Westgate」の続きで「Tech East, North Hall」編です。 1. Tech East会場MAP 写真が多いのでさらに①~⑤に分割です。 ①Tech East, Westgate ②Tech East, LVCC, North Hall ③Tech East, LVCC, Central Hal…

CES2019(Tech East, Westgate)

世界最大の家電ショー「CES2019!」 先月家電ショーに行って来ました!だいぶ写真寝かせてました 1. 移動 移動だけで24時間以上 ロサンゼルス空港を経由し、 マッカラン空港を出て、 LVCC(Las Vegas Convention Center)へ到着! 2.CES2019 2019年1月8日~1月…

Raspberry Pi 3 Model B(ProsessingでGUI入力!)

「Raspberry Pi 3 Model B」×「Prosessing ver3.4」でGUI入力! 前回の記事ではProsessingを使ってRaspberry PiのGPIOピンに入力した情報を画面に反映しました。 今回はProsessing用GUIライブラリの「ControlP5※1」を使って、GUIに入力した情報を画面図形に…

Raspberry Pi 3 Model B(ProsessingでGPIO入力!)

「Raspberry Pi 3 Model B」×「Prosessing ver3.4」でGPIO入力! Arduinoと相性が良いProsessingを実質パソコンのRaspberry PiにインストールしてGPIO※1インターフェースから連携させてみましたさすがラズパイ簡単ですね! 1. Prosessingのインストール! Ra…

クリスマスイルミネーションなどなど!

2ヶ月ぶりのブログ更新です一度さぼるとあっという間ですね(;'∀') 家族で松ぼっくり拾い&イルミネーションを見に行って来ました 15~20cmの巨大松ぼっくりGET!(大王松の松ぼっくりだそうです) 落ち着いた雰囲気のチャペルでは 無料で音楽イベントが開催されていまし…

Processing(subsetの使い方)

subset Processingにおけるsubsetは、既存の配列から要素の配列を抽出します。 listパラメータは、要素がコピーされる配列を定義し、startおよびcountパラメータは抽出する要素を指定します。 countを指定しない場合、要素は配列の最初から最後まで抽出され…

Processing(for の使い方)

for Processingにおけるforは、繰り返しのシーケンスを制御します。 構造の基本は、init、test、updateという3つの部分で構成されています。 各部分は、セミコロン(;)で区切らなければなりません。 ループはテストが偽と評価されるまで続きます。 for構造…

Processing(>= の使い方)

>= Processingにおける「>= 」は、左側の値が右側の値より大きいか、値が等しいかどうかをテストします。 Processingで使用する「>= 」の使い方は以下の通りです。 int a = 23; int b = 23; if (a >= b) { println("variable a is greater or equal to varia…

Processing(>の使い方)

> Processingにおける「>」は、左側の値が右側の値より大きいかどうかをテストします。 Processingで使用する「>」の使い方は以下の通りです。 int a = 5; int b = 13; if (b > a) { println("variable b is larger the variable a"); } 図1:プログラムの内…

Processing(==の使い方)

== Processingにおける「==」は、2つの値が等しいかどうかを判定します。 等価演算子は代入演算子とは異なります。 Stringオブジェクトを比較するときは、その内容を比較するために==の代わりにequals()メソッドを使用する必要があることに注意してください…

Processing(<=の使い方)

<= Processingにおける「<=」は、左の値が右の値よりも小さいか、値が等しいかどうかを比較します。 Processingで使用する「<=」の使い方は以下の通りです。 int a = 22; int b = 23; if (a <= b) { println("variable a is less or equal to variable b ");…

Processing&lt;の使い方)

< Processingにおける「<」は、左の値が右の値よりも小さいかどうかを比較します。 Processingで使用する「<」の使い方は以下の通りです。 int a = 22; int b = 23; if (a < b) { println("variable a is less then variable b "); } 図1:プログラムの内容 …

Processing(!=の使い方)

!= Processingにおける「!=」は、1つの式が別の式と等価でないかどうかを判別します。 Processingで使用する「!=」の使い方は以下の通りです。 int a = 22; int b = 23; if (a != b) { println("variable a is not equal to variable b"); } 図1:プログラム…

Processing(spliceの使い方)

splice Processingにおけるspliceは、既存の配列に値または値の配列を挿入します。 最初の2つのパラメータは、同じデータ型の配列でなければなりません。 最初のパラメータは変更する初期配列を指定し、2番目のパラメータは挿入するデータを定義します。 3番…

Processing(sortの使い方)

sort Processingにおけるsortは、数字の配列を最小から最大までソートするか、アルファベット順に単語の配列を配置します。 元の配列は変更されません。 並べ替えられた配列が返されます。 countパラメータは、ソートする要素の数を示します。たとえば、配列…

Processing(shortenの使い方)

shorten Processingにおけるshortenは、配列を1つの要素だけ減らし、短縮された配列を返します。 オブジェクトの配列を使用する場合は、関数から返されたデータをオブジェクト配列のデータ型にキャストする必要があります。 例:SomeClass items = (SomeClas…

Processing(reverseの使い方)

reverse Processingにおけるreverseは、配列の順序を逆順にします。 Processingで使用するreverseの使い方は以下の通りです。 String sa[] = { "OH", "NY", "MA", "CA"}; sa = reverse(sa); println(sa); // 更新された配列の内容をコンソールに出力する // …

Processing(expandの使い方)

expand Processingにおけるexpandは、配列のサイズを大きくします。 デフォルトでは、この関数は配列のサイズを2倍にしますが、オプションのnewSizeパラメータを使用すると、サイズの増加を正確に制御できます。 オブジェクトの配列を使用する場合は、関数か…

Processing(concatの使い方)

concat Processingにおけるconcatは、2つの配列を連結します。 たとえば、配列{1,2,3}と配列{4,5,6}を連結すると、{1,2,3,4,5,6}が得られます。 両方のパラメータは、同じデータ型の配列でなければなりません。 オブジェクトの配列を使用する場合は、関数か…

Processing(arrayCopyの使い方)

arrayCopy ProcessingにおけるarrayCopyは、配列(または配列の一部)を別の配列にコピーします。 src配列は、srcPositionで指定された位置からdstPositionで指定された位置にコピーされ、dst配列にコピーされます。 コピーする要素の数は、長さによって決ま…

Processing(appendの使い方)

append Processingにおけるappendは、1つの要素で配列を展開し、新しい位置にデータを追加します。 elementパラメータのデータ型は、配列のデータ型と同じでなければなりません。 オブジェクトの配列を使用する場合は、関数から返されたデータをオブジェクト…

Processing(trimの使い方)

trim Processingにおけるtrimは、文字列の先頭と末尾の空白文字を削除します。 スペース、キャリッジリターン、タブなどの標準の空白文字に加えて、この関数はUnicodeの "nbsp"文字も削除します。 Processingで使用するtrimの使い方は以下の通りです。 Strin…