NOBのArduino日記!

NOBのArduino日記!

趣味は車・バイク・自転車・ラジコン・電子工作です。

Raspberry Pi 3 Model B(日本語化!)

イメージ 1
Raspberry Pi 3 Model B  OSRaspbian日本語化!

 前回の記事でインストールしたRaspbian」の言語設定はデフォルトで英語なので日本語に設定し直しました・・・失敗による再インストール含めて2回程

1.  インストール

 標準のRaspbian」には日本語環境がインストールされていないので手動でインストールします。
 コマンドプロンプトを開きpi@raspberrypi:~ S 」に続けて「sudo apt-get install uim uim-anthy」と入力しEnterを押します。
 ファイルが見つかると継続して実行して良いか確認されるので「Y」入力後Enterを押し実行します。

 ※後で気付きましたが、私は赤太字部uimを一つ入力し忘れていました
イメージ 2図1:「Raspbian」に日本語環境導入

2. 各種初期設定

 「Raspberry Pi Configration」を使って初期設定を行います。
 図2の様にデスクトップ左上メニュー(ラズベリーのアイコン)をクリック→「Preferences」→Raspberry Pi Configration」の順にクリックすると初期設定画面が開きます。
 タブが4種類有り、その内の「Localisation」を選択し以下2.1~2.5の様に日本語環境を設定します。
イメージ 3
図2:Raspberry Pi Configration」を開く

2.1 言語設定
 「Localisation」タブ内の「Set Locale」ボタンをクリックし、図3の様に言語設定を行います。
 設定項目は3つ有り、それぞれのデフォルト設定から日本設定に表1の通り再設定します。

表1:言語設定の変更
項目デフォルト設定日本語設定
1.Languageen(English)ja(Japanese)
2.CountryGB(United Kingdom)JP(Japan)
3.Character SetUTF-8UTF-8

イメージ 4
図3:Set Locale(言語設定)

「Localisation」タブ内のSet Timezone」ボタンをクリックし、図4の様にタイムゾーン設定を行います。
 設定項目は2つ有り、それぞれのデフォルト設定から日本設定に表2の通り再設定します。

表2:タイムゾーン設定の変更
項目デフォルト設定日本語設定
1.AreaEtcAsia
2.LocationUTCTokyo

イメージ 5
図4:Set Timezone(タイムゾーン設定)

2.3 キーボード設定
 「Localisation」タブ内の「Set Keyboard」ボタンをクリックし、図5の様にキーボード設定を行います。
 設定項目は2つ有り、それぞれのデフォルト設定から日本設定に表3の通り再設定します。

表3:キーボード設定の変更
項目デフォルト設定日本語設定
1.CountryUnited KingdomJapan
2.VariantEnglish(UK)Japanese(OADG 109A)

イメージ 6
図5:Set Keyboard(キーボード設定)

2.4 WiFi国設定
 「Localisation」タブ内の「Set WiFi Country」ボタンをクリックし、図6の様にキーボード設定を行います。
 設定項目は1つで、デフォルト設定から日本設定に表4の通り再設定します。

表4:WiFi国設定の変更
項目デフォルト設定日本語設定
1.CountryAD AndorraJP Japan

イメージ 7
図6:Set WiFi Country(WiFi国設定)

2.5 初期設定の適用
 初期設定の変更を確定する為に「Localisation」タブ内の「OK」をクリックします。
 すると図7の様に再起動しても良いかとポップアップメニューが表示されるので「Yes」をクリックします。
イメージ 8
図7:初期設定完了!

3. 確認!?

 再起動した結果が図8です!
 英語表示が象形文字になりました!・・・
イメージ 9
図8:「Raspbian」の文字表示が象形文字化!?

4. 再設定!(´;ω;`)

 本来は図1~8の方法を正しく行えば日本語化はされるはずですが上手く行きませんでした
 後で気付きましたが、象形文字?に成った原因は恐らく「1.インストール」の赤字部の入力間違いかなと思います
 そんなこんなでハマる事数日・・・以下に示す別の方法で日本語フォントをインストールしたら何とか日本語表示になりました

4.1 日本語フォントのインストール
  図9の様にコマンドプロンプトpi@raspberrypi:~ S 」に続けて「sudo apt-get install jfbterm」と入力しEnterを押します。
 フォントファイルが見つかると継続して実行して良いか確認されるので「Y」入力後Enterを押し実行します。
 コマンドプロンプト、まで象形文字?に成って訳が分かりませんが、なんとか日本語フォントのインストール完了です!
イメージ 10
図9:「Raspbian」に日本語フォントのインストール

4.2 再確認!
 再起動して日本語化されているか確認を行います。
 結果は・・・図10の通り無事!日本語が表示されました!
イメージ 11
図10:「Raspbian」の日本語化完了!

4.3 自分のBLOGもチェック!
 デフォルトでインストールされているウェブブラウザのクロームを開き、自分のブログを開いたら、しっかり日本語で表示されました!
イメージ 12
図11:RaspberryPiで「NOBのArduino日記!」表示!

5. まとめ

 コマンドプロンプトは正直者なので入力ミスは許容してくれません
 今後とも入力ミスには気を付けます

イメージ 1イメージ 3
励みになりますのでよければクリック下さい(^o^)/



この商品は、Physical Computing Labが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。