NOBのArduino日記!

NOBのArduino日記!

趣味は車・バイク・自転車・ラジコン・電子工作です。

Raspberry Pi 3 Model B(Webカメラ!)

イメージ 1
Raspberry Pi 3 Model B」とWEBカメラ

 RaspberryPiの設定も大体終わって来たのでやっと使い始めた所です
 今回はWEBカメラとRaspberryPiを接続して動画を表示してみました!

1. Webカメラの動画を表示

1.1 接続
 起動したRaspberryPiの空いているUBSポートへ、Webカメラ※1のUSB端子を上図の様に接続※2します。

 ※1:WebカメラはUVC(USB Video Class)に対応しているものであればドライバーのインストールは不要です。
 ※2:RaspberryPi本体はWiFiを使ったVNCで遠隔操作している為、ディスプレイ・キーボード・マウス・LANケーブル(画面がコマ落ちする場合は有線LAN接続)の接続はありません。


1.2 動画ビュアーのインストール
 Webカメラの映像を表示するソフト「luvcview」をインストールします。
 方法は、図1の様にコマンドプロンプトを開きpi@raspberrypi:~ S 」の後に続けて「sudo apt-get install luvcview」と入力しEnterを押します。
 暫く待てばインストールが完了します。
イメージ 2
図1:ビュワーのインストール

1.3 Webカメラの認識確認
 RaspberryPiでWebカメラが正常に認識されるとデバイスファイルが作成されます。
 このファイルが出来ているかを確認する事で正常に認識されているかを確認できます。
  方法は、図2の様にコマンドプロンプトを開きpi@raspberrypi:~ S 」の後に続けて「ls /dev/video*」と入力しEnterを押します。
 正常にWebカメラが認識されていれば「/dev/video0」と表示されます
イメージ 3
図2:Webカメラの認識確認

1.4 WEBカメラの映像確認
 1.1でインストールした「luvcview」を起動してWEBカメラの映像を画面に表示します。
 方法は、図3の様にコマンドプロンプトを開きpi@raspberrypi:~ S 」の後に続けてluvcviewと入力しEnterを押します。
 正常にWebカメラが認識されていれば図4の様にWEBカメラに写っている映像がリアルタイムに画面へ表示されます
イメージ 4
図3:luvcview」を起動

イメージ 5
図4:RaspberryPiの画面にArduinoUNOが映りました
 OpenCV※3と言う画像処理・解析・機械学習等のライブラリをRaspberryPiのPythonにインストールすればアイサ〇トの様なラジコンの自動運転が出来そうです!
 ただハードルはかなり高めで超えられるか全く分かりません

※3:OpenCVの機能一覧(Wikipediaより引用)
特に赤字部の機能が自動運転に使えそうです。
画像処理 (Image Processing)
勾配、エッジ、コーナー (Gradients, Edges and Corners)
サンプリング、補間、幾何変換 (Sampling, Interpolation and Geometrical Transforms)
モルフォロジー(英語版)演算 (Morphological Operations)
フィルタと色変換 (Filters and Color Conversion)
ピラミッドとその応用 (Pyramids and the Applications)
画像分割、領域結合、輪郭検出 (Image Segmentation, Connected Components and Contour Retrieval)
画像と形状のモーメント (Image and Contour Moments)
特殊な画像変換 (Special Image Transforms)
ヒストグラム (Histograms)
マッチング (Matching)
ラベリング (Labeling) : OpenCV 3.0以降
構造解析 (Structural Analysis)
輪郭処理 (Contour Processing)
計算幾何 (Computational Geometry)
平面再分割 (Planar Subdivisions)
モーション解析と物体追跡 (Motion Analysis and Object Tracking)
背景統計量の累積 (Accumulation of Background Statistics)
モーションテンプレート (Motion Templates)
物体追跡 (Object Tracking)
オプティカルフロー (Optical Flow)
推定器 (Estimators)
パターン認識 (Pattern Recognition)
物体検出 (Object Detection)
カメラキャリブレーションと3次元再構成 (Camera Calibration and 3D Reconstruction)
カメラキャリブレーション (Camera Calibration)
姿勢推定 (Pose Estimation)
エピポーラ幾何 (Epipolar Geometry)
単純ベイズ分類器 (Naive Bayes Classifier)
k近傍法 (K Nearest Neighbors)
決定木 (Decision Trees)
ブースティング (Boosting)
Random forest (Random forest)
EMアルゴリズム (Expectation-Maximization)
シンプルGUI (Simple GUI)
画像の読み込みと保存 (Loading and Saving Images)
ビデオ入出力 (Video I/O)
OpenGL/Direct3D相互運用

イメージ 1イメージ 3
励みになりますのでよければクリック下さい(^o^)/



この商品は、Physical Computing Labが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。